夏に楽しむ事が出来る富士山登山ツアーの魅力

日本最高峰にチャレンジ

富士山と言えば、2013年に世界文化遺産に指定された事で注目を集めていますが、富士山に登れるシーズンに合わせて開催されているのが旅行会社主催の登山ツアーです。大量の残雪がない限り、例年では7月中旬頃から9月上旬の期間でツアーに参加する事が可能で、5月や6月から申し込みを受け付けています。出発地は多岐に渡っている点が特徴で、関東地方各地に加えて東海・関西・九州といったエリアからも1泊2日で行く事が出来ます。遠方からは飛行機・新幹線で行くケース(空港や駅からバスに乗り換え)が多く、関東や東海エリアからは乗り換えなしで観光バスを使って登山口のある富士山5合目に向かいます。

山小屋に宿泊するのが一般的です

登山口がある山梨側・静岡側からの富士山登山ツアーは、7合目・8合目付近の山小屋に宿泊します。ツアーでは、昼前後に5合目を出発して夕方から日の入り前に到着するスケジュールを採用している事が多く、夕飯を食べて休憩を少し挟んだ後に就寝となるので、遅めの就寝時間が生活習慣になっている方は、登山数日前から早めに寝ておくようにすると仮眠をしっかり取る事が出来ます。

寒さ対策を忘れないようにしましょう

富士山は3千メートルを超える高山であり、平地と比較すると20度前後低くなる事があるので、他の山よりもしっかりとした温かい装備で登山に臨む事が必須になっています。それに加えて、単独峰である富士山は天候が急変(雷雨や強風)する可能性が高い事から、撥水加工の上着・ズボン・トレッキングシューズで登山をするのがおすすめで、雨風を凌ぐ事によって体温低下や体力低下を防ぐ事が出来ます。

フラマイレーツとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です